先輩社員の声 Y.Hさん

スタッフ:Y.Hさん

お客様のニーズを適確に捉え、
商品の企画・開発・販売を行う。

市場開発事業部
2016年入社
Y.Hさん

MY WORKS

イメージ画像
自社商品を全国へ

入社当初は当社で企画した商品の海外協力工場(OEM先)への生産委託・輸入進捗管理を担当してきて、現在は国内の協力工場(OEM先)への生産委託、協働した商品開発、仕入れ計画の策定、在庫管理、当社にて販売する「自社商品」のカタログ整備などを担当しています。

会社全体として自社で商品を企画している「自社商品」の販売に注力しているため、部門としては大きな責任を負っており、日々、緊張感を持って仕事に取り組んでいます。
メーカーとしての役割に徹するため、菓子卸企業様などからのサンプル依頼への対応なども丁寧に行い、「自社商品」の販売先が全国に少しずつ広がるように仕事を進めています。

REWARDING

イメージ画像
自分たちが生み出した商品が、世の中へ広がっていく

第一に何事も「新鮮」であるということです。会社としてこれからますます注力していかなければならない事業に携わることに責任感とプレッシャーもありますが、見聞きすることが「初めて」であることも多く、非常に勉強になっています。

「食」を扱う専門商社として、国内に対して菓子、食糧、お土産品などの面で提供できていることは多々ありますが、販売できている地域をもっと広げていきたいと思っています。
その中で、北海道の企業からの「自社商品」に関する問い合わせや、関東出張の際に「自社商品」が販売されている姿を見たときなど、少しずつ私たちが生み出した商品が世の中に広がっていくことにやりがいを感じています。

REASON

イメージ画像
地域の方々から愛されている企業だと感じた

就職活動をしていく上で私が大切にしていた観点は、県内で食品を扱う企業であること、また会社、社員の雰囲気がよく働きやすい職場であること、の2点です。
(株)木村は選考前に社員との座談会や、年に1回の「甲佐工場祭り」があり全体的に明るく、活発な雰囲気があったこと、加えて地域の方々からも愛されている企業であると感じたところが入社の決め手ですが、大学で所属していたゼミの先輩が入社していたことも入社を決める後押しになりました。
入社してからも社内イベントが楽しく、日々、上司、同僚と協力しながら仕事を進めることができ、非常に充実した日々を送ることが出来ています。

SCHEDULE

スケジュールの図

VOICE