㈱きむらのあられファーム農業体験を行いました!

2018-07-05

6月30日(土)に、㈱木村の関連法人である「㈱きむらのあられファーム」にて白旗小学校の生徒たちをお招きし、農業体験(田植え)を行いました!

㈱木村は今年で65周年を迎えるということで、地域の皆様に感謝し、何か恩返しが出来ればと考え、子どもたちに農業体験に参加してもらい食育に役立ててもらいたいという思いからこの企画がスタートしました。

農業体験当日は、雨が予想されていましたが曇り空で、絶好の田植え日和となり、18名の生徒とその御兄弟、保護者の方にご参加頂くことができました!

まずは甲佐工場に集まっていただき、出欠の確認と、注意事項の説明を行ないました。

 

 

 

説明が終わってからは、工場の裏にある田んぼへ少し歩いて移動しました。皆さんとても楽しみにしている様子です!

 

 

そして、いよいよ裸足になって田んぼの中へ入ります。初めて裸足で田んぼの中に入り、足がぬるぬるして気持ち良いような気持ち悪いような不思議な感覚で、生徒たちも楽しそうにしていました!

 

 

 

あられファームの西山さんより田植え方法についての説明をして頂き、ついに田植えスタートです!田んぼに引いた目印の位置に苗を植えていきました。最初はゆっくりでしたが、皆さん飲み込みが早く、どんどん速く植えられるようになっていきました!

 

 

 

5列目まで植えたところで時間となり、こけないようにゆっくりと田んぼから出ていきました。生徒の皆さんからは「もっとやりたかったなー」という声が多く、とても楽しんでもらえたようでした。その後、用水路で手足の泥を落としてから工場へ戻り、ホースの水で手足を洗いました。

 

 

最後に、頑張って田植えをしてくれた生徒たちに、参加賞としてお菓子とジュースを渡すと、皆さんとても喜んでいただけました!こうして、1回目の農業体験は無事終了することができました。

今回の農業体験では田植えを行いましたが、今後も9月に経過観察、11月に稲刈りを体験してもらう予定としています!また、生徒の皆さんにはレポート(絵、感想)を提出してもらい、当社の「慶屋(よろこびや)甲佐工場店」にて展示する予定となっていますので店舗へ足を運んでいただいた際には、是非ご覧いただければと思います。特に優秀な作品については、表彰も行う予定です!

 

今回の農業体験に協力頂いた白旗小学校では、球根から花を育て、近隣の仮説住宅や病院にプレゼントするという「地域に元気と笑顔を届けるプロジェクト」を行っているそうです。

実は、農業体験の案内をする為に小学校へ伺った際に、校長先生からこのプロジェクトについて教えていただき、㈱木村も何か協力させて頂きたいと思い、球根とプランターを協賛品として贈呈させて頂きました!

6月27日(水)に社員4名で白旗小学校を訪問し、協賛品の贈呈式を行ないました。

 

 

また、農業体験当日についての記事が、6月27日の熊本日日新聞にて紹介されました!ご興味のある方は、是非、ご一読をお願いいたします!

 

© 株式会社木村 All Rights Reserved.