先輩社員の声 H.Wさん

スタッフ:H.Wさん

全社の業務インフラを支え、
より良い仕事の環境を整える。

管理本部 システム室
2017年入社
H.Wさん

MY WORKS

イメージ画像
24時間365日、正常に稼働する環境の構築

全社的に稼動している基幹システムの日次点検、顧客先との突発的なシステムトラブルへの対応、また老朽化したIT機器類の更新投資を担当しています。
業務に使う情報機器類のインフラは「正常に稼動して当たり前」と捉えられがちなので、自然と要求されるレベルが高くなります。特に、近年では顧客先からの注文を電子情報で受け取る件数が増加しており、業務インフラのトラブルは即、顧客先とのトラブルとなるため、24時間365日正常に稼動する環境を構築する必要があります。

IT機器類は製造設備などと異なり、時間経過とともに陳腐化のスピードも速くなります。そのため、老朽化したIT機器の更新に際しては、5年後、10年後の環境を見定めて適切な判断を行っていく必要性がますます高まっています。

REWARDING

イメージ画像
自らが中心となり、迅速に対応する

「正常に稼動して当たり前」の中、必ずトラブルはあります。トラブルは大小さまざまにありますが、自らが中心となって迅速に対応できたときは充実感があります。トラブルに際しては細かく現状をヒアリングし、速やかにトラブルの原因を特定できるかどうかが早期復旧のカギであり、常に細かく現状を捉えるようにしています。

また、IT機器の老朽更新に際しては、新規に投資することで大きく合理化できるケースもあります。今後、少しずつ進めていく老朽更新に際しても、現状の業務フローや業務インフラを踏まえ、投資が合理化に繋がるよう、検討を進めて生きたいと考えています。

REASON

イメージ画像
「食」を通して、熊本、九州に貢献できる会社

大学卒業後、地元熊本県を離れて愛知県で「食」に関わる仕事をしていましたが、結婚を機に地元熊本県で働くことが出来る企業を探していました。
転職をする際に重要視していたのは、熊本を拠点にし、九州を中心に働くことができる企業であること、また、私は食べることが大好きなので「食」に関わる企業であること、その2点を念頭に探していたところ木村と出会いました。あられの製造、菓子卸、米卸、物流など、「食」を中心とした企業グループであることに大変興味を持ちました。

私達の生活からは切っても切り離せない「食」を通して、地元である熊本、九州に貢献できるというところにやりがいを感じたのが大きなきっかけです。

SCHEDULE

スケジュールの図

VOICE