企業見学バスツアー『見よう!触れよう!熊本の中小企業』

2015-07-13

DSCN6927

6月27日(土)に熊本日日新聞社様主催の企業見学バスツアー
「見よう!触れよう!熊本の中小企業」が行われ、
約40名の県内大学生が㈱木村を訪問されました。
大学生に、県内の魅力ある企業を知ってもらうというこの企画。
木村は”おかし おいしい おもしろい”をテーマに菓子卸の魅力をPRしました!

DSCN6931

まず、映像とスライドを使って木村の歴史と卸売業について説明。
特に今回は「卸売とは?」ということを中心に紹介しました。
みなさん非常に緊張していた様子でしたが、真剣な態度で聞いてくれました。

DSCN6954

続いて、営業担当の社員が学生たちの質疑応答に対応してくれました。
「営業の仕事とは?」「木村に入社した理由は?」など、
多くの質問が挙がりました。

「失敗を乗り越えるにはどうすればよいか?」という質問には、
「自分も失敗は多くあります。しかし失敗を気にし、下を向いていては成長は
出来ません。何事も前向きに行動し続けることで、お客様との良好な関係を
築くことができ、それが自分の成長にもつながります。」
と入社3年目の村上社員。
生の現場の声、そして歳が近い若手社員の声ということもあって、
学生たちも真剣なまなざしで聞いていました。

DSCN6959DSCN6961

次に倉庫内を見学しました。
木村の倉庫にはお客様からの多様なニーズに応えるために、
常に約3,000種類もの商品がストックされています。
山のように積まれたお菓子を見て、みなさん驚きの様子でした。
倉庫を見ての感想や質問も多く、如何に倉庫が非日常なのかを
改めて認識しました。

DSCN6970 DSCN6973

倉庫内の見学の後には、木村自慢の自社商品の試食をしていただきました。
あられの他、PB商品も好評で、特に五穀で元気が大人気!
この頃にはすっかり緊張も解けた様子で、談笑する姿も見られました。

最後の質疑応答では、「開発商品が実際に商品化されるまでの期間は?」
「出荷の頻度は?」など実際に現場を見た後ということもあって、
より深く踏み込んだ質問も挙がりました。

1時間半という短い時間でしたが、学生のみなさんには木村の魅力、
お菓子業界の魅力を知っていただくことができたと思います。
また、みなさん熱心に話を聴いていただき、
その姿勢に思わず初心を思い出しました。
これからの自分の将来を考えつつ、
残りの学生生活も悔いなく楽しんでいただきたいと思います。

© 株式会社木村 All Rights Reserved.